岐阜県恵那市観光協会笠置支部 カサギにラブな観光案内

笠置山月光寺 弘法大師

  • HOME »
  • »
  • 笠置山月光寺 弘法大師

霊峰笠置山の中腹、標高700mに、平成9年4月、天祐稲荷盲目の和尚英哉が笠置山月光寺を建立しました。

 

恵那峡の北側にある、天祐稲荷の盲目の和尚英哉がある日夢を見ました。

座相の弘法大師が和尚の夢枕に現れ、無言のうちに消え去ったのです。

そしてその時、和尚は何故か笠置山に思いを馳せたのだそうです。

笠置山は古来より、雨乞いや修験の霊山で、はるか昔のペトログラフやピラミッドなど聖なる石が幾多ある神様の山です。

この地で亡くなられた南朝の尹良親王やその忠臣たち、廃仏の諸霊もあります。

和尚は青年時代から笠置山の御霊に対して敬う気持ちがあったのですが供養できず、そんな想いから笠置山に月光寺を興し、弘法大師像を造りました。

また、笠置山山頂付近の南朝勢が身を潜めていたと言われる寺屋敷(白雲寺)跡にに入ると鐘の音が聞こえるという古の言い伝えから、梵鐘を建て万民の平和と幸せを願ったということです。

 

そんな内容のことが月光寺の梵鐘に書かれています。

3mほどの弘法様が眼下の里を見下ろしています。

毎月21日には、お祭りが行われてます。ぜひお越しください。

 

PAGETOP
Copyright © Love Kasagi ラブカサギ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.