7月28日(土)20:00からの恵那峡花火大会。約2000発の打ち上げ花火が湖面に映えます。

今回私たちは、恵那峡の自然公園からではなく、大井ダムの堰から観賞しました。大井ダムのご好意で施設を開放してくれているようです。花火の時間になるとダム施設の明かりを消してくれる気遣いもあり、感謝です。

恵那峡の自然公園では、大勢の人や屋台がお祭り気分を盛り上げてくれますが、こちらはゆったりと自宅のベランダで見ている気分でした。「うわー!」とか「おおー!」とかいう人も少なく、みな静かに眺めていました。対岸からは子どもたちの賑やかな「タマヤー」の声が聞こえてくるのが、なんともいい感じで郷愁を誘います。山間ならではの、こだま交じりの大音響、そして湖面に映る花火 の美しさを堪能しました。

ラストの1分半の花火。最後の金色のしだれ柳が感動的でした。