皮膚 肉割れ 消す

皮膚の肉割れの原因は?

皮膚に起こる肉割れの原因は、皮膚が伸びたり縮んだりする時に、負担がかかってしまうことです。

 

皮膚は3つの部分で構成されていて、外側から「表皮・真皮・皮下組織」です。
具体的な原因は様々ですが、このうち真皮や皮下組織に負担がかかって傷ができると肉割れになります。
なぜ、お肌の奥の傷なのか?
実は、表皮は柔軟性がありますが、真皮や皮下組織は柔軟性に欠け、皮膚が引っ張られると裂けてしまうのです。
こうしてできた肉割れは、赤紫色のような線状斑となって現れます。
これが、肉割れの正体です。

 

肉割れの引き金になる具体的な原因をご紹介いたします。

 

体重増加

一番多い原因がこれです。
体重増加により、皮膚が引っ張られます。
すると、真皮が耐え切れずにパチンと裂けてしまい、肉割れになります。

 

ダイエットによる急激な体重減少やリバウンド

さきほどとは逆に、痩せた時にも肉割れができます。
一気に皮膚が縮むことに真皮がついていけずに、負担がかかって傷になってしまいます。
更にダイエットの末に、大きくリバウンドしてしまうことも肉割れの原因になります。

 

妊娠

いわゆる妊娠線と呼ばれ、ママ達を悩ませるものです。
妊娠すると、急激にお腹が大きくなります。
この時に、お腹の成長速度に真皮が追いつけず、ピキピキと裂けてしまいます。
これが肉割れ(妊娠線・ストレッチマーク)となります。

 

成長期

若い人に多い原因です。
急激に身長が伸びたり体格がよくなった時に、皮膚も引っ張られます。
そのスピードに真皮や皮下組織が追いつけず、傷ができます。

 

ある特定の筋肉を鍛える

急にスポーツを始めたり、部活動などで急激に鍛えた時に起こります。
ある一部分だけ急激に鍛えられると、その部分に負担がかかって肉割れができます。

 

乾燥

肌が乾燥すると、皮膚の柔軟性がなくなり、お手入れをしている人に比べて肉割れを起こしやすくなります。
手がカサカサになって切れたりしてしまうのと同じことですね。

 

加齢

年齢が上がれば上がるほど、若い頃と比べて肌の弾力がなくなっていきます。

 

皮膚にステロイドを塗っている人

ステロイド剤には、皮膚の弾力がなくなったり、塗っている部分の皮膚が薄くなるという副作用があり、皮膚が伸びにくくなりに肉割れができることがあります。

 

血行不良

血行不良により、身体の代謝が悪くなり、ターンオーバーが正常に行われなくなります。
そうなると、より肉割れができやすくなってしまいます。

 

肉割れは皮膚に起こるトラブルなので、やはり皮膚科で消してもらうのでしょうか?

皮膚の肉割れを消す方法は?

肉割れを消す方法をご紹介します。

 

皮膚に起こるトラブルなので、皮膚科で治してもらうこができます。
美容皮膚科や美容外科をおすすめします。

 

ここで、「美容皮膚科」と「美容外科」の違いをご説明いたします。

 

「美容皮膚科」は、2008年の法改正によって、「患者が自分の状態にあった医療機関を適切に選択できる」ようにと、生まれました。
皮膚の病気を治療しながら、美肌目的のコラーゲン注入やホクロへのレーザー治療などの形成外科的な技術を取り入れ、現在の「美容皮膚科」の診療内容が定着しました。

 

一方「美容外科」は、「病気ではないが自分の容姿にコンプレックスがあり、人生を前向きに生きれないと悩んでいる人が治療できて、人生を取り戻せるようにしよう。」と考えた医師たちによって、1978年に診療科として認められました。
美容外科では、「外科」と名前がついているだけあって、メスを使ったり、手術になることもしばしばです。

 

肉割れに関しては、どちらでも効果のある治療法があるので、自分にあった方を選びましょう。

 

それでは、美容皮膚科と美容外科を始め、その他の肉割れの治療の選択肢をご紹介いたします。

 

 

美容皮膚科

主に、レーザーによる治療が行われています。
レーザーによる熱の作用で、コラーゲン生成と皮下脂肪の分解を促進します。
コラーゲンは、真皮の70%を占める、なくてはならない重要な成分です。
コラーゲンが細胞と細胞をつなぎ、弾力と強度を作ります。
細胞と細胞が引っ張り合い、ハリが生まれます。
このコラーゲンの生成を促し、強い真皮にしていき、肉割れを目立たなくしていきます。
さらに、ハリが出ることによって、皮膚の引き締め作用も促します。

 

美容外科

美容外科では、主にマグネテラピーが行われています。
微弱電流を応用した美容機器で、肌の細胞を刺激し、自然治癒力を促して解決していきます。
自分自身の力で治していくという、自然で安全な方法です。
この微弱電流は真皮まで届き、真皮の細胞の新陳代謝を活性化させます。
真皮のターンオーバーを促し、新しい真皮が生まれ、肉割れの線を薄くすることができます。
マグネテラピーは、無痛で副作用は全くありません。
症状の度合いにもよりますが、早くて半年、長くても1?2年で綺麗になります。
また、長期間通えない人のために、機械の貸し出しを行っているところもあります。

 

 

もちろん、皮膚科以外でも肉割れを消すことはできます。

 

エステ

エステでは、プロのスタッフによる施術が受けられます。
肌の奥の真皮に肉割れに効果がある成分を塗りこみ、ダメージを受けた肉割れ部分の回復を促します。
また、保湿をすることで皮膚の状態を良くし、真皮の再生能力をさらに促します。
施術内容は、サロンによって様々ですが、その人の肉割れの状態に合わせ、超音波や、イオン導入を行います。

 

超音波は、その名の通り、音波の性質を利用したもので、音波の周波数が高いと肌表面に、低いと肌の奥まで行き届きます。
超音波が行き届いた肌には、温熱作用が生まれ、結構の促進とそれに伴いターンオーバーも促進されます。
また、超音波により細胞レベルでのマッサージ効果もあります。
イオン導入は、イオン導入器で微弱電流を流し、普通では浸透しにくい成分を、お肌のより深くまで届けます。
主には、ビタミンC誘導体や、プラセンタなどです。
プラセンタには、細胞分裂を活発化する作用があり、新陳代謝が活発になります。
これによって、新しい真皮が生まれるのをサポートします。

 

どちらも、普段生活しているだけでは受けることのできない恩恵を得ることができます。

 

また、超音波とイオン導入を併せ持ったハイブリッドのオールインワンタイプもあります。
イオン導入にはマッサージ効果がないので、オールインワンにすれば、二つの効果を1度で感じられます。

 

 

肉割れ専用ケアクリーム

こちらは、自宅でのセルフケアの方法です。
クリームを使ってケアしたい場合は、市販の保湿クリームではなく、専用の肉割れ専用ケアクリームを使いましょう。
市販のクリームは、肌の表面だけを保湿する目的のものです。
肉割れのようにお肌の奥にある真皮に傷がついた状態ですと、表面だけのケアでは足りません。
この真皮に成分が届かないと、肉割れには効果がありません。

 

有効成分が真皮にまで届く肉割れ専用ケアクリームによく使われている成分をご紹介いたします。

 

・ビタミンC
(美肌や美白に効果があり、体を錆びさせる活性酸素を取り除く効果があり、老化を遅らせる期待ができます。)

 

・ビタミンC誘導体
(市販の保湿クリームの約200倍の肌への浸透率を持っているので、真皮にまで届きやすくなります。)

 

・葉酸
(葉酸は細胞分裂や新陳代謝を活発にし、新しい真皮が生まれるサポートします。)

 

・ヒアルロン酸
(ヒアルロンが細胞の水分を抱え込み、それ以上の蒸散を防ぎ保湿効果が高まり、乾燥を防ぎ、肌を柔らかい状態に保ちます。)

 

・アミノ酸(ペプチド)
(コラーゲンの合成を促します。コラーゲンが増えることによって、真皮の弾力と強度をサポートし、肉割れを薄くしていきます。)

 

これらの成分を使うことにより、有効成分が真皮にまで届き、肉割れがきちんと目立たなくなっていきます。
なにより、副作用もほとんどなく、安心です。

 

たくさんの選択肢がありますが、肉割れを効果的に消すにはどうしたらいいでしょう?

皮膚の肉割れを効果的に消すには?

いくつかある肉割れを消す方法、最も効果的に消すには?

 

 

プロの手に任せたい、とにかく治したい、費用がかかってもいい人は?

「美容外科のレーザー」や「エステ」をオススメします。
どちらも費用と、足を運ぶ手間がかかりますが、うまくいけば効果を実感でき、プロのスタッフに肉割れの相談をすることもできます。

 

・レーザーの場合
だいたいは3回?5回のレーザー治療で目立たなくなります。
個人差はありますが、3回〜5回(6週〜10週)で目立たなくなるのが一般的です。
費用は、肉割れの状態にもよりますが、平均的には20万円を超える見込みです。
費用や、通う手間と時間がかかっても、確実に早く効果を感じたい人にオススメです。
ただし、レーザー照射後1週間ほど、ダウンタイムといって赤みが残ります。
お肌の弱い方には副作用があり、レーザーの熱で火傷跡のようなものができる場合があります。
レーザー治療をする場合は、ダウンタイムや副作用のフォローがあるかどうか確認して行きましょう。

 

・エステの場合
エステの施術は、肉割れの状態や施術内容、サロンによって違いますが、平均的には8回ほどで目立たなくなります。
ただし、一度施術を受けると、次回までは2週間間隔をあけるのが一般的です。。
エステの場合、1点、注意しておきたいことがあります。
エステにはコースがたくさんあり、皮膚の表面(表皮のみ)をケアするものがたくさんあります。
施術の前に、真皮まで効果がある「肉割れ専用コース」であるのかを、必ず確認しましょう。

 

 

通えないけど、どうしても治したい、費用がかかってもいい人は?

通えないけど治したい!費用がかかってもいい!という人には
美容外科でやっている、「マグネテラピー」がオススメです。
一番の魅力は機械の貸し出しがあることです。
ただし、効果は高いのですが、肉割れの程度やもともと持っている肌の素質などで、かなりの個人差が出ます。
例えば、長期にわたり肌にステロイドを使用した人、もともと内臓疾患のある方は、効果が出にくいということがわかっています。
また、一番の問題は費用が高いことです。
半年で50万を超えるという、かなりの大きな買い物になりますので、トライしたい方は、最初にしっかりとスタッフとカウンセリングすることをオススメします。

 

 

お金や時間をかけないとケアできないのか?
そんなことはありませんよ!

 

 

時間がない人、費用を抑えたい人は?

学業や、育児、仕事で時間が取れない方、または費用を抑えたい方には、「肉割れ専用ケアクリーム」がオススメです。
値段が高いものでも、10,000円以内で購入できます。
ママや主婦、仕事で忙しい方にとっても魅力は、ケアに時間がかからないことです。
お風呂上りや、寝る前の隙間時間など、1日のうちのほんの数十秒でケアができます。
時間も場所も選ばず気軽にケアできます。
この気軽さが、マメなケアにつながり、負担なく長く続けることができます。
効果もしっかりと感じられ、1ヶ月ほどで薄くなったと感じる声が多く聞かれます。
また、無添加で天然成分を使用しているものもたくさんあるので、小さなお子様がいても、お肌が弱い人でも安心です。
お肌が敏感になっている妊娠中の肉割れ予防にもぴったりというのが頷けますね。

皮膚の肉割れを消【原因と効果的な方法】まとめ

肉割れの原因は、皮膚が伸びたり縮んだ時に、耐えきれず裂けてしまうことです。

 

主な原因は、急激な体重増加や妊娠、肌の乾燥、血行不良などです。

 

できてしまった肉割れを消すには皮膚のトラブルを治してくれる、美容皮膚科・美容外科や、エステ、肉割れ専用ケアクリームでのセルフケアがあります。

 

確実にできるだけ早く効果を感じたい、プロに任せたいという方には、エステやレーザーがオススメです。

 

費用はかけられるけれど、通う時間はないという方には、機械がレンタルできるマグネテラピーがぴったりです。

 

そして、学業、育児や家事、仕事で時間が取れない人、自分になかなか費用がかけられないという方は、セルフケアが最
適です。

 

セフルケアには、傷ができているお肌の奥に届く、肉割れ専用ケアクリームを使用しましょう。

 

自宅で気軽に、時間を選ばず隙間時間でケアできることが魅力です。

 

もちろん、効果も使用から1カ月ほどできちんと実感できますよ。

 

どの方法にしようかと迷っている方は、まずは気軽な肉割れ専用ケアクリームから試してみてはいかがでしょうか。

page top