昔の肉割れは消えるの?過去の白くなった肉割れを消す方法!

昔の肉割れを効果的に消す方法は?

昔にできた肉割れ、もう消えないんだろうな…。
でも、やっぱり気になるし、消したい!

 

ダイエットや妊娠などで、昔にできた肉割れを諦めていたり、そのままにしていたけれど、今になって気になるという方は多くいらっしゃいます。

 

肉割れは、急激な体重増加や妊娠などで、急激に身体の一部が大きくなった時、皮膚が強制的に引っ張られます。
皮膚は、「表皮・真皮・皮下組織」の3つから成り立ちますが、お肌の奥にある真皮と皮下組織は引っ張られるスピードに追いつけず、裂けてしまいます。
この皮膚が断裂した跡に現れる赤紫色の線状班が肉割れの正体です。
そして、時間がたつと、赤から白へと色が変わります。
日焼けをすると、肉割れの部分は白く残りますので、色の差がはっきりとし、気になる方も少なくありません。

 

この白くなってしまった昔の肉割れを消すにはどうすれば良いのでしょうか?

 

昔の肉割れを効果的に消す方法は4つあります。

 

肉割れ専用ケアクリームを使う!

肉割れには、市販の保湿クリームではなく、専用のケアクリームを使いましょう。
なぜなら、肉割れがお肌の奥の真皮や皮下組織に起こるのに対して、市販の保湿クリームは、一番外側の表皮のみの保湿に作られているからです
一方、専用ケアクリームは、肌の奥にある真皮や皮下組織まで届くように様々な成分が含まれています。

 

肉割れ専用ケアクリームに、使わることが多い成分をご紹介します。

 

・ビタミンC
ビタミンCは、身体の中ではほとんど作ることができず、ストレスや飲酒などによってどんどん消費されてしまうので、積極的に取り入れるべき成分です。
ビタミンCは、肌の老化を防ぎ、ハリと弾力を与える効果があります。

 

・葉酸
葉酸は細胞分裂や新陳代謝を活発にします。
真皮のターンオーバーの速度をアップしてくれ、肉割れを早く治したい人には重要な成分です

 

・ビタミンC誘導体
お肌に良いビタミンCは壊れやすく、お肌の奥まで届きにくいのです。
そこで、浸透率が市販のクリームの200倍と言われるビタミンC誘導体を配合することで、肉割れが起こっている真皮や皮下組織まできちんと届くようになります。

 

・ヒアルロン酸
ヒアルロンは細胞に水分を抱え込むことができます。
肉割れが起こっている乾いたお肌からの蒸散を防ぎ、保湿効果が高まります。

 

・アミノ酸(ペプチド)
コラーゲンの合成を促します。
真皮の70%はコラーゲンが占めており、肌の弾力性と強度を保っています。
弾力が失われている肉割れの肌に、弾力性と強度を呼び戻してくれます。

 

 

これらの成分を使うことにより、真皮まで成分が届くようになっています。
また、副作用もほとんどなく、安心して使えます。

 

では、肝心の効果はどうなのでしょうか?
出来たばかりの肉割れの方が治りやすいと言われますが、昔の肉割れの場合はどうでしょう?

 

昔の肉割れを専用ケアクリームで改善した人の実体験を紹介します。

 

「妊娠線が出来てしまいました。産後忙しくて、気付いた時にしか塗れなかったが、1年でだいぶ目立たなくなりました。」
「10年前の肉割れが、クリームを2個使いきったくらいで薄くなってきました。」
「学生時代の肉割れに塗ったら、1個目を使い切った頃に薄くなってきました。」
「学生時代の肉割れに塗ったら、翌日肉割れの凹凸が滑らかになっていました。」
「高校時代の肉割れが、8ヶ月ほどでほとんど見えなくなりました。」

 

などなど、根気よく使うと数ヶ月で肉割れが薄くなり始めます。

 

 

レーザー治療を受ける

美容皮膚科では、レーザー治療で肉割れを消すことができます。
レーザーによる熱の作用で、コラーゲン生成と皮下脂肪の再生を促進します。
さらに、皮膚の引き締め作用も促します。
治療は1回では終わりませんが、3回〜5回(6週〜10週)で目立たなくなってきます。
費用は、お肌の性質や状態による回数で左右されますが、平均的には20万円を超える見込みです。

 

しかし、費用がかかっても、早く確実に肉割れを消したい方にはオススメの方法です。
ただし、レーザー照射後1週間ほど、ダウンタイムといって赤みが残ったり、お肌の弱い方には副作用があり、レーザーの熱で火傷跡のようなものができる場合があります。
レーザー治療をする場合は、ダウンタイムのフォローアップがあるかどうか確認して行きましょう。

 

 

エステに行く

エステでは、プロのスタッフによる施術が受けられます。
肌の奥の真皮に肉割れに効果がある成分を塗りこみ、ダメージを受けた部分の回復を促します。
また、保湿をすることで皮膚の再生能力をさらに促します。
施術内容は、サロンによって様々ですが、その人の肉割れの状態に合わせ、ビタミンCやコラーゲンなどを超音波イオン導入をする場合があります。
施術の際のマッサージ効果により、血流が改善され、お肌にハリが出てくるなどの効果を実感した人は多くいます。
ただし、ケアクリームよりは即効性があるものの、レーザーと同様に1度では終わりませんので費用はかかってしまいます。
また、エステには皮膚の表面(表皮のみ)をケアするものが多くあります。
エステに通う際には、真皮まで効果がある「肉割れ専用コース」があるか必ず確認しましょう。

 

 

美容外科へ通う

美容外科とは、病気でなくても、より前向きな生活を取り戻せるように、治療によって改善していくものとして、1978年にきちんと診療科と認可されたものです。
美容外科では、肉割れに効果があるものとして、マグネテラピーや、炭酸ガスメソなどが行われています。

 

・マグネテラピー
微弱電流を応用した美容機器で、肌の細胞を刺激し、自然治癒力を促して解決する自然で安全な方法です。
この微弱電流は真皮まで届き、真皮の細胞の新陳代謝を活性化させます。
真皮のターンオーバーを促し、新しい真皮が生まれ、肉割れの線を薄くすることができます。
6ヶ月ほどで効果を感じられますが、1年〜2年と個人差もあります。
費用は、通う期間にもよりますが半年で50万円前後です。
また、通えない人のために、機械の貸し出しを行っているところもありますが、こちらも費用は50万円ほどと、高額になっています。

 

・炭酸ガスメソ
炭酸ガスを肉割れが気になる部分の皮下に、細い針を使って注入します。(10分炭〜20分)
炭酸ガスを注入すると血液中の酸素が放出され、血流が良くなり、注入した部位の代謝がアップします。
同時にコラーゲンが急激に増加し、皮膚が再生される仕組みです。
ただし、痛みを感じる方もいらっしゃるので、表面麻酔や笑気ガスを使用する場合があります。
これまで副作用の後遺症の報告はなく、数十分で落ち着きます。
ケアクリームより即効性があるものの、やはりレーザーと同様に1度では終わりません。
費用は、手のひらくらいのサイズだと、1回で約15,000円、4回で約60,000円、7回で約80,000円ほどです。

昔の肉割れを消す!まとめ

 

肉割れは、皮膚が伸びるスピードに真皮が追いつけず、裂けてしまった状態を指します。

 

新しいものほど消えやすいと言われる肉割れですが、昔できた肉割れも目立たなくすることができます。

 

エステやレーザー、美容外科では、費用はかかりますが、すぐに効果を実感できます。

 

しかし、何度も足を運ばなければならなかったり、費用がかかります。

 

なかなか費用をかけられない、家事や育児で忙しくて時間がないという方は、まず肉割れ専用のケアクリームを試されてはいかがでしょうか?

 

お肌の奥の傷付いた真皮や皮下組織まで成分が届くようにできており、美容成分も含まれています。

 

効果を感じ始める時期は様々ですが、多くの方が肉割れが目立たなくなったと実感されています。

 

>>私が肉割れを消した体験談はこちら

page top