年数の経った肉割れって消えるの?消す方法はコレ!

年数の経った肉割れはどんな状態?

肉割れ線にはステージがあります。

出来立ての肉割れ
少し時間の経った肉割れ
何年か経過した肉割れ

それぞれで状態や見え方は異なります。

 

出来立ての肉割れ

出来立ての肉割れは、赤みがかった色をしています。
人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織に分かれています。
そのうちの、真皮が傷ついて、亀裂が目に見えてきている状態です。

 

少し時間の経った肉割れ

少し時間の経った肉割れは、少し濃い赤紫色をしています。
お肌の奥にある毛細血管が透けて見えているため、このような色になります。

 

何年か経過した肉割れ

何年か経過した肉割れは、赤色から白っぽい色に変化していきます。
私はお腹に肉割れ(妊娠線)ができたのですが、1年後には白っぽくなっていました。
お肌は凹凸(おうとつ)ができて触ると少しガタガタしているのが分かります。
また、日焼けをしても肉割れの部分は白いままで、少し目についてしまいます。

年数の経った肉割れを消す方法は?

出来立ての肉割れは、ケア次第で症状を最小限におさえることができます。
真皮にまで届くクリームで保湿ケアをしっかりとします。

 

では、何年か経過して白っぽくなってしまった肉割れを消すにはどうすれば良いのでしょうか?

 

・肉割れ専用クリームでケアをする
・エステに通う
・レーザー治療をする
といった方法があります。

 

それぞれの方法にメリットデメリットはありますが、費用をかけずにまずはお手軽に肉割れを消すケアを始めたい!
という方に一番のおすすめは、肉割れ専用クリームでのケアです。

 

理由は2つです。
・費用が抑えられる(エステやレーザー治療は20万以上する)
・毎日、時間をかけず手軽にケアができる

 

肉割れ専用クリームは、保湿だけでなく、お肌の奥の真皮にまで届くように作られています。
また、葉酸やビタミンCなどを含み、お肌のターンオーバーを助けてくれる成分も配合されています。

 

一番、心配なのが「何年もたっているのに消えるのか?」ですよね。
大丈夫です。
とことん傷付いたお肌でも、きちんとケアをすれば元に戻っていきます。

 

私の白くなってしまった妊娠線も、専用クリームを使用して1ヶ月目あたりから薄くなりました。

 

もし、「費用をかけてでも今すぐに肉割れ線を消したい!」というのであれば、エステとレーザー治療をおすすめします。

 

その際の注意点を以下にご紹介します。

 

エステに通う場合は、肉割れケア専用のコースを選びましょう。
なぜなら、エステはお肌の一番外側にある表皮のみを保湿・ケアするものだからです。
お肌の奥にある真皮の傷は、表皮の保湿だけでは消えません。

 

レーザー治療で確実に消してしまう方法もあります。
熱刺激を与えて、お肌の奥にある真皮や皮下組織の再生を促す方法です。
ただ、口コミを見ていると、あまり効果が出なかったり、レーザーによる火傷跡のようなものができてしまったという内容も多く見られました。

 

エステやレーザー治療には、すぐに治療を始められて効果がでるのが早いというメリットがある一方で、20万円〜30万円と高額な費用がかかりますし、肌質によっては思ったような効果がでなくて何度も通わなければならないというデメリットもあります。

 

まずは、ケア専用クリームを試されてみてはいかがでしょうか?

古い肉割れ線を消す|まとめ

 

年数の経ってしまった肉割れは、初期の赤っぽいものから白っぽい線へと変化します。

 

しっかりとついてしまった白い肉割れでも、消すことはできます。

 

その方法は3つあります。

 

肉割れ専用のクリームでケアする、エステに通う、レーザー治療を受けるといった方法です。

 

肉割れ専用コースのあるエステやレーザー治療は、費用が掛かりますが確実に消したい方におすすめです。

 

しかし、通う回数が多かったり、効果があまり出なかったり、レーザーによる火傷跡のようなものができることもあります。

 

このようなことが気になる方は、まずは肉割れ線良いクリームでケアするのがおすすめです。

 

毎日、クリームを塗るという習慣さえついてしまえば、費用もあまりかかりませんし、時間もかからずに効果を感じられます。

 

 

>>私が肉割れを消した体験談はこちら

page top